シエラ・ノルテ アナント ティント (赤)  Sierra Norte Ananto Tinto

¥1,386

(税込)

店主のコメント

「バレンシア地方のボバルは濃くてしっかりとした味わい」

スペイン バレンシア地方でオーガニック農法のワインを造るボデガス・シエラ・ノルテ。 今年の夏、初めてここのカヴァ「シエラ・ノルテ・アナント・カヴァ ブルット・ナトゥーレ」を飲んだ時に、そのコスパの良さにびっくりしましたが、こちらのアナント ティントも同じようにコスパの良い赤ワインと言えるでしょう。

ボバルはバレンシア州で栽培されているブドウ品種で濃い色で濃厚な赤ワインを造ります。こちらはテンプラニーリョと合わせて、スペインらしい濃いのに重すぎないバランスの良い赤ワインに仕上げています。

合わせるなら、牛丼とか、少し濃い味のお料理。 気負わずに、お家のみには最適のワインの1本ですね。

テイスティングコメント:
濃いガーネットチェリー色。イチゴやブラックベリーの香り。よく熟したブドウの濃厚な味わいと柔らかいタンニンが感じられる。


生産者:ボデガス・シエラ・ノルテ

原産地:スペイン バレンシア地方

タイプ:赤 ミディアムボディ

使用ぶどう:ボバル65%、テンプラニーリョ35%

アルコール度数:13.5%

土壌・製造方法:バレンシアから内陸に70kmし、標高900mの赤色の粘土を含む土壌で周りを高山に囲まれた平野。地中海性気候。

飲み頃温度:14-16℃



生産者:ボデガス・シエラ・ノルテ
■1914年には穀物畑ばかりだったカンポロブレス村(バレンシアの西)の0.8 ha畑でぶどう栽培を始め、ここにローカルなぶどう種、ボバルやマカベオなどを育てながら徐々に成長した。
■1980年代には変人扱いされながらも信念に基づきオーガニック栽培に方向転換し、その後2000年頃にワイナリーを建てると共に、ボデガス・シエラ・ノルテとして自分達のワイン造りを始めた。
■現在ではカンポロブレス(Camporrobles)、ラ・ローダ(La Roda)、フミーリャ(Jumilla)、エルピノーソ(ElPinos)の4か所に広がる総面積322 haの畑から収穫される多種のぶどうがワイナリーに集められ、30種類を超えるワインが造られている。

あなたへのおすすめ

最近チェックした商品